--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/21 (Sun) ♪ アンドリュー・ワイエス展 ♪

487 今年最後の美術鑑賞 487
 
クリスティーナの世界 クリスティーナの世界 1948年


先日、大好きなNHKの新日曜美術館で観て

行ってきた。 その番組の紹介を観て思い立つ事は多い ♪

23日までなんですよ。


アメリカを代表するリアリズムの巨匠1917年7月12日生まれ。

今年なんと91才。 私もがんばらなくっちゃ ♪



クリスティーナの世界
、どうしてもどうしても観たかった。

最初のあたりにあった。



まず、ニューイングランド地方の最北に位置するメイン州

足の不自由なクリスティーナが外出から戻り、丘の上に建つ

我が家オルソンハウスに帰ってくる様子。

細い腕、でもその後姿はとても力強い意思を感じます。



しかし、わたしがちぁんと新日曜、、、を観ていなかったのか

今回紹介されているのは習作で、クリスティーナ、、、本物は来ていなかった、、、

次回の楽しみに取っておけっ! という事みたい。絶対いつか観るの ♪



ワイエスが妻のベッツィーの紹介で知り合いとなり、

その後30年間このオルソン家、

クリスティーナ、アルヴァロの姉弟を書いていく。



もっともアルヴァロ本人の引き受けたのはオイルランプのみ

頑固な性格のため、以降モデルにはならなかったみたいです。



オイルランプ オイルランプ 1945年 


アルヴァロの性格も写しとっている感じがしていい作品ですよね。

ランプがアルヴァロと同じくらい存在感あり。

オルソン家の様子は風景も紹介されています。


オルソン家の終焉 オルソン家の終焉 1969年


これも習作がきていて、本物は来ていません。

習作多数展示されています。

ていうか そういう展覧会なんじゃん。あんた気が付くの遅くない?

過程を見ていくのが楽しくなってきますよ。

クリスティーナの墓という作品もあり。  ちょっと切ない



2箇所の製作場所の作品を紹介しています。

アメリカ合衆国東部にあるペンシルヴェニア州、

チャッズ・フォード、生まれ故郷です。

ジャックライト ジャックライト  1980年

ワイエスの庭に落ちた実を食べにきた鹿。

ジャックライトは狩猟用のライトだそう、

一瞬強烈な光があたったところ。



松ぼっくり男爵 松ぼっくり男爵 1976年


ドイツの移民の夫妻の植えた松、夫の戦争での

大事な鉄兜を妻は松ぼっくりのかごに、、、、



本当は風景こそ沢山紹介したかったのですが、、、

あえて違うものを。  実はね使いたい風景が探せなかった・・・ホホ 414



あとね 妻のベッツィーを書いた 747

7時47分、ボーイング747の飛行機雲のあと、妻の後姿 

これも良かった ♪



あとねあとね 野に置かれた義手 

義手の本人と丸太の上に乗った義手(題が、、、)

凄くいいの ♪


ワイエス自身秋と冬が好きなんだそう。

色もおさえめ またいいです ♪ 23日まで、まだ間に合うよ~

来年も一杯観よう と心に誓う私でした。ん?

まるで今年終わりみたいな・・・ いーえ

まだブログは書きますよ~♪

 

 ブログランキングに参加しています。最近文書長い?お付き合いありがとう。

 

☆美術鑑賞は止められない | trackback(0) | comment(9) |


<<♪ バリオス ♪ | TOP | ♪ グッバイ、レーニン!  ♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

色使いが渋めでいいですね。
「オルソン家の終焉」なんて、すごく素敵。
今度、美術館も一緒に行きたいね。
ぜひ、また気になる展覧会があったら誘って下さいな♪

2008/12/21 18:14 | green [ 編集 ]


greenへ♪ 

そうだね♪
今度誘うね。

今年の締めくくりとして、とてもよい
展覧会でした。

2008/12/21 21:55 | whitypearl [ 編集 ]


 

うちから車で10分ほどで、県立美術館に行けるんですが(裏山はくりの散歩コース)、どうもここ数年チョ~経営不振らしく、ろくなイベントやらないんですよ~。
ロダンの彫刻をメインにした「ロダン館」作ったせいみたい。だって・・・あの彫刻って今一何度も見ようって気にならないもん・・・。

一時期、仏教美術にはまり、結構あちこち観にいきました。曼荼羅とか、仏像とか。
日本画も好きですね。

この画家の絵・・・アメリカの画家とは思えないわぁ。それこそユダヤ系?みたいな感じ・・。
私も抽象画は苦手で、写実的な方がいいな。

2008/12/22 09:43 | とんがりねずみ [ 編集 ]


とんがりねずみさんへ♪ 

確かにロダン、何回もは、、、
うーん、、見ないかも知れないですね。v-388
でも ロダン好きさんには もうたまらん という感じでしょうかv-398

日本画いいですね~
私が日本画に魅せられたのは学生の時(かなりかなりv-356
伊東深水を美術館に見に行ってからです。素晴らしかった♪
いとう繋がりで伊藤若冲なんかも大胆でいいですよね。

最近私も仏像♪いいわぁ と思っています。
日本ものっていいですよね~

そうそう抽象画はたしかにわかりずらいですよね、、、

2008/12/22 21:02 | whitypearl [ 編集 ]


初コメです! 

こちらへは初めてです。どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

私もクリスティーナの世界、大好きなんですよね。秀作では手だけの模写なんかもあってじっくり練って作られた作品って感じでしたよね。クリスティーナのお兄さんの頑固な感じの絵も生活感があっていいですよね。747も気に入りました。

whitypearlさんの楽しい解説で、もう1回ワイエス展がじっくり復習できてうれしかったです。習作が多かったので、少しびっくりしましたね(^^ゞ

もしよろしかったら、当方のつたないサイトに、リンクさせて頂いてもよろしいですか?語り口調もとても楽しくて、雰囲気も素敵なサイトですよね。また遊びに来ますね。

2008/12/23 12:23 | もうやだ [ 編集 ]


 

私も新日曜美術館を観て、行きたいなと思ってたのですが、、、今日までだったのですね。ショックです(泣)。こうなったら名古屋まで行くか...悩むところです。

2008/12/23 21:48 | Mardigras [ 編集 ]


Mardigras さんへ♪ 

きゃ~v-406ご存知なかったんですね?
私も結構滑り込みセーフに近かったのです♪

次は名古屋に巡回なのですか?
知りませんでした、、、

でもその為に 行かれるとしたら リッチ 
逆にうらやましいv-405

2008/12/23 23:18 | whitypearl [ 編集 ]


No title 

今朝の新聞とインターネットで
ワイエスさんの記事を読みました。

90代まで現役でいられる
情熱を持ち続けたいものです。

2009/01/18 22:12 | けんさくまじん [ 編集 ]


けんさくまじんさんへ♪ 

ご覧になりましたか。v-390
私も今朝の新聞で訃報を知りました。
つい先月ワイエス展に行ったばかりだったので、、、

また日本で展覧会、違う作品も観たいものです。

2009/01/18 22:42 | whitypearl [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://whitypearl.blog90.fc2.com/tb.php/53-df9413ed

| TOP |

プロフィール

whitypearl

Author:whitypearl

カレンダー

あなたは何人目♪

訪問してくれて嬉しいです。

最近の記事+コメント

コメントありがとうございます♪♪

遊びに行ってみて~♪

カテゴリ♪

★過去記事コメントも★         ★お待ちしています★

出来るところから♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

rain shininig

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。