--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/21 (Sun) ♪ サガン ♪

492 小説も彼女の生き様にも感服 492

 


サガン
フランソワーズ・サガン演じるシルヴィー・テステュー

しぐさとか早口な喋り方。そっくりに演じてるようだ♪♪

 

春のまだ寒い頃、

Bunka村のル・シネマにそのポスターを見つけ

私の胸は興奮で どきどき ざわざわ した。

公開が待ちどおしかった。♪



私にとってこの作家はとっても思いいれがある。

20代の頃に心酔し、1番好きだった作家。

彼女の人生が映画になったのだ。



処女作。 悲しみよこんにちは 

1954年に彼女が18歳で書き上げた作品で、

物語の展開といい、その完成度は驚くほど。

いっきにサガン作品にのめり込んだ。



フランス女性が大人で成熟度が高いのか

サガンが18歳にもかかわらず成熟しているのか、、、

きっとそのどっちもなのだろう。 今から50年以上前です! 



可愛いことがもてはやされるこの日本で、こんな大人びた

事が書けるティーン・エイジャーは今の時代もいないと思う。



友人達に小説の構想を話すと、その話はとてもいいから

書いたほうがいいと勧められ、わずか3ヶ月程で書き上げる。

それを出版社に自ら持ち込み、それを読んだ担当者は

即気に入り、とんとん拍子で出版、ベストセラー



フランスのその年の批評大賞を獲っています。

本の印税は5億フラン(当時でなんと!364億円)ほど。

サガン2 



こんなに1作目が素晴らしいと
2作目にプレッシャーがかかるものらしいが次の
ある微笑 も劣らず素晴らしい出来。



只、彼女は破天荒で人生は波乱万丈。

印税で買ったスポーツカー、アストン・マーチン・カブリオレ
での大事故、2度の結婚、離婚、ドラッグ、破産。



ドラッグでは有罪になっていて、
破滅するのは私の自由と発言し騒動になった。



晩年は表舞台から葬り去られたようにひっそりと人生を
おくっている。

2度目の結婚で一人息子を産んでいるが、
どうしてそこまでする必要があるのか死の間際まで拒絶。



わたしも

あんなに好きだったのに亡くなったのを知ったのは
遂最近。2004年9月25日 69才で

でも、

どんな人生であろう、腹をくくり、
生き通した彼女の凄さに感服、降参だ。

 

サガンの名前はプルーストの小説の中からとっています。

フランスの裕福なブルジョアの家庭の生まれ。



ブラームスはお好き、悲しみよこんにちは、熱い恋、

優しい関係、ある微笑、絹の瞳、愛は遠い明日 などなど

その他作品もいいんです。



読み終わると感動と共にどれも少し悲しくて、、

20代の私にサガンはいろいろ教えてくれました。




フィガロブックス サガン 疾走する生 (FIGARO BOOKS)

フィガロブックス サガン 疾走する生 (FIGARO BOOKS)
(2009/04/18)
マリー=ドミニク・ルリエーヴル

商品詳細を見る

 

映画館で♪パンフレットではなく本を買ってみた。♪♪



                          banner_14.gif
  ブログランキングに参加しています。♪  

 

♪実話のお話 | trackback(0) | comment(6) |


<<♪ キャンドルナイトなのぉ~? ♪ | TOP | ♪ きゃ~ グ、、グリムスがぁ・・  ♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

サガンは私の大学時代の愛読書でした。
映画楽しみです!
初めてブログを拝見していきなりサガンだったので
そくコメントしてしまいました。
これから過去のブログも拝見しますね!

2009/06/22 12:27 | kanaro [ 編集 ]


 

悲しみよこんにちは

大学の文学の宿題で読みました。

とても洒落た先生で、毎週次の講義までに

読んでくる本を宿題として出す。

世界の名作ばかり。

その中の一冊でした。

でも内容は忘れてしまいました。

また、読んでみよう。

今日も好き日に…。

2009/06/22 15:58 | ひろ [ 編集 ]


kanaro さんへ♪ 

はじめまして♪ コメント嬉しいです♪
サガンは私も20代の愛読書だったので♪
今も ときどき取り出しては読みかえします。♪

実は後年のサガンはほとんど読んでいません。 が、、若い時代のは
大体読んでいます。♪
kanaro さんは どのお話がお好きですか?
好きな作品は沢山ありますが
私は ひとつあげるとしたら ブラームスはお好き なんです。♪

わたしも遊びに行きますね♪

2009/06/22 23:09 | whitypearl [ 編集 ]


ひろさんへ♪ 

大学の宿題ですか~~~♪
楽しそう♪

実は 悲しみよこんにちは を ブログに書くつもりでいます。♪♪♪

サガンはもしかすると男性より女性好みかも知れないですね。

ストーリーがよく考えられているのもあるのですが
なんといっても18才の女の子が書いたというのが、いい意味で衝撃で♪
何十年も後に読んでいても斬新でした。♪♪

2009/06/22 23:23 | whitypearl [ 編集 ]


 

サガンの映画、私も気になっていました。自分も大学のフランス文学の授業でサガンの小説読みましたね。とても面白かったです。プルーストとか、スタンダールなども読みましたが、こっちは難解で苦労しました。
 サガンの生涯、そんなに破天荒だったんですね。全然知りませんでした。

2009/06/23 08:01 | もうやだ [ 編集 ]


もうやださんへ♪ 

e-451もうやださんも大学の授業ですか?
同じような方が もうお一人♪ もうお一方は大学時代の愛読書♪

大学で扱っているなんてサガンはポピュラーだったのですね♪
プルースト、スタンダール難しそうですね、、、
サガンのペンネームはプルーストの失われたときを求めての中からとったそうです。

私も♪ サガン自体 晩年をどのように送った人だったのかとても知りたかった♪
演じている女優さんはくせとか喋り方などかなり似させて演じているようで
あぁ こんな人だったのだろう♪ なんて想像しながら観るのが面白かったです♪

ついでに今 悲しみよこんにちはも 同じル・シネマで8ミリフィルムで上映しています。
実はこっちも観ました~♪♪♪^^


2009/06/23 21:57 | whitypearl [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://whitypearl.blog90.fc2.com/tb.php/133-8217717c

| TOP |

プロフィール

whitypearl

Author:whitypearl

カレンダー

あなたは何人目♪

訪問してくれて嬉しいです。

最近の記事+コメント

コメントありがとうございます♪♪

遊びに行ってみて~♪

カテゴリ♪

★過去記事コメントも★         ★お待ちしています★

出来るところから♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

rain shininig

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。