--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/21 (Sat) ♪ ピカソとクレーの生きた時代 ♪

487 そうだ 私行ったんだった 487 



そう♪ 2月の後半に行ってきたのでした。♪ クレー大大好きなんです♪

かなりかなり前ですがBUNKA村でクレーの展覧会があったんです。
その時は小さな作品も一杯来ていて♪ 凄い人で、、
終わる頃に入ったからゆっくり観られなかったのが心残りだった、、、



♪ 表現主義的傾向の展開 ♪

午後の休息
アンリ・マティス 午後の休息(サン=トロペ湾) 1904年

 

コリウールの舟
アンドレ・ドラン コリウールの舟 1905年

   

3匹の猫
フランツ・マルク 3匹の猫 1913年

 

最初はフォーヴィスム(Fauvisme、野獣派)の画家の絵が数点。

マティスは点描で書いていました。珍しい作品ですよね。
自分のスタイルを確立する前で スーラやなシニャックなどから
影響を受けたらしいです。


海を眺めているのは確か奥さんと子供だったかな♪

バイオリン弾き
マルク・シャガール バイオリン弾き 1911年

 

これは屋根の上のバイオリン弾きだって言っていました。
彼の絵にはバイオリンがかかせないですね。♪♪
パリに渡ってもルーツを忘れる事は無かった。

故郷ロシアのヴィテブスクは人口の大部分をユダヤ人が
占めていて、 シャガール自身もユダヤ人。
バイオリンは民族の大事な楽器のようです。

 

♪ キュビズム的傾向の展開 ♪

2人の座る裸婦 
パブロ・ピカソ 2人の座る裸婦 1920年

 

このピカソの2人の座る裸婦の絵は大きな作品で
なかなかくることはないそうです。



♪ シュルレアリズム的傾向の展開 ♪

とてつもない日々 
ルネ・マグリット とてつもない日々 1928年


出会い
ルネ・マグリット 出会い 1928年

好みかと問われると、ちょっと違うのですが 色々観るのは楽しい。 
他作品も多数あり、当時はかなりセンセーショナルな
作品だったと思う。 

だって1920年代ですよ!! とてつもない日々なんて
かなりショッキングな意味深な絵です。

出会い 本当は油絵なのですが探しても無かったので、
仕方なくポスターを載せました。


こけしのような方々?は鏡に映ったあちらが 未来というか
現実世界ではないよう、、不思議な絵です。


 

ラマ・スー  トーン・ウィ

  
そして、、絵を眺めながら こんな方々を思い出しました。^^ 
スターウォーズ エピソードⅡの
惑星カミーノの首相 ラマ・スーと部下トーン・ウィ はは♪

この星の方々 首がなが~~~いんです♪体も長く~~てほっそほそ 
歩き方も面白くって♪

 

♪ カンデインスキーとクレーの展開 ♪

無題 即興 Ⅰ 
ヴァシリー・カンディンスキー 無題 即興 Ⅰ 1914年

感激♪ カンディンスキー 本物 観たの初めてなの♪♪



街に開いた窓
ロベール・ドローネ 街に開いた窓 

 

これ、来たのとちょっと違うんです、、 本当は『窓』という題。
どうしてもドローネを載せたかった♪ と言うのはね♪
ロベール・ドローネの窓がクレーの作風に多大な影響を与えたそうなのです。 
似てますよね。作風♪♪

 

さあ やっとクレーです。♪ 

詳しい事はもう いらないかな♪♪ 観ればきっと好きになる♪♪

 

ムッシュー・ペルレンシュヴァイン 頭と足と手と心がある
ムッシュー・ペルレンシュバイン 1925年    頭と手と足と心がある 1930年



この2作品。温かみがあります♪ ムッシュー・ペルレンシュバイン
直訳すると真珠豚氏ですね♪♪  ははは♪

 

リズミカルな森のラクダ   
リズミカルな森のラクダ 1920年



クレー自身が期待されたバイオリニストだったみたいで、奥様もピアニスト。
絵から音楽が流れてきそうですよね♪

    

黒い領主  短径と半円
黒い領主1927年              短形と半径 1932年

  

黒い領主は あ~チョコ食べたい♪ って感じです♪♪    

 クレーは30点近く展示されています。♪観ていて思わずにまにまと
顔がほころんで来ます。♪ 


でも確か、ヒトラー時代に芸術を叩かれ、迫害されて国を追われているのですよね、、、作品にはみじんも感じられませんね。

あ でも紙に鉛筆で書いたベルリンのまぬけ という作品(走り書き?)
ありました、、、その頃書いたのでしょうね、、、

今回は 行こうかな どうしようかな って思っているところへ
私のリンク先の『何かと見聞録』のもうやださんの行かれた記事を読み♪♪

素敵 やっぱ♪ いこ~♪♪ 時間ないし と そそくさ出かけたのでした♪♪♪

でもね なんと ガイド アイポッドに事前にサイトでダウンロードが出来る様ですよ♪♪ 初耳♪♪
どなたかさんの記事に書いてあったよ♪♪

 

        banner_13.gif 

   ブログランキングに参加しています。 



☆美術鑑賞は止められない | trackback(0) | comment(14) |


<<♪ オーストラリア ♪  | TOP | ♪ そうかも知れない ♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

クレーの滲んだ暖色系のオレンジ

とても素敵ですね

こころがひきこまれる。


あっ!ブログに星のゆきが降ってる…

2009/03/21 03:20 | ひろ [ 編集 ]


 

いやー素晴らしい。今回は特に感動もんです。
僕はまったく詳しく無いのですが、好みで云うと。

マティス、「午後の休息。」とカンディンスキー、「無題、即興ー1.」が好きかなー。

美術館いきたいです。

では、またです。

2009/03/21 06:38 | 光隆 [ 編集 ]


ひろさんへ♪ 

今回の絵画はドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が改装に伴い、
来た絵のようでした。

キュビズム有り、シュルレアリズム有り(詳しくありませんが)とバラエティに富んでいて
見応えありました。♪

きらきらv-352に気が付いてくれた??v-392
そうなんです♪ 付けてみました♪♪

2009/03/21 20:05 | whitypearl [ 編集 ]


光隆さんへ♪ 

楽しかったのでv-339もっと一杯載せたかったのですが、
それでも長い記事になってしまい、、止めておきました。

マティスはその1点だけでしたが、とてもきれいな絵でした。♪♪>

カンディスキーは3点来ていて2点は習作でした。
TVでの紹介で観るだけだったので、もっと他作品。観たいな。
と 思いました。 色が綺麗でしたよ♪♪

2009/03/21 20:17 | whitypearl [ 編集 ]


はじめまして 

拙ブログにご訪問ありがとうございました。
whitypearlのお好きな絵と、私が気に入った絵がとても共通していたんですね^^

2009/03/21 22:55 | てんとうむし [ 編集 ]


てんとうむしさんへ♪ 

ご訪問ありがとうございます。♪

画像をお借りいたしました。本当にありがとうございます。♪
可愛いブログで記事もとても楽しかったです。

また、私もてんとうむしさんのブログを訪問させて頂きます。

2009/03/22 01:01 | whitypearl [ 編集 ]


 

クレーに行ってきたっていうから実は「射撃が趣味」なのかとww
クレーという画家、知りませんでした。
個性的な画風ですね。シュールなようでほんわかムード、それでいて前衛的な感じも。
抽象画はあまり好まないのですが、これはイケます。

私はゴッホとか、マティスみたいな点描が苦手。
色盲の検査みたいだし、なんかイライラしてくるのだ。
それでピカソが好きって言ったら、「はぁ?」とか言われそうだけどww

そういえば・・・ウサギを描いた絵って、まだ見た事ないよ。シャガールの絵を探せば、どこかにいるかな?

2009/03/22 16:10 | とんがりねずみ [ 編集 ]


とんがりねずみさんへ♪ 

ハハハ^^ なるほど♪(笑)
クレー射撃 なんか、麻生さんを思い出しますね。

クレーは題名も面白かったです♪

ピカソはいいですよね。♪♪ん??て難解な絵もありますが、、、
今回も何人目かの恋人(妻でした?)ドラ・マール(美人)の絵が見事に
キュビズムになっていて、原型をとどめず面白い事になっていました。♪♪

うさぎ♪♪で思い出しました。♪
山口県出身のシベリアシリーズで有名な画家 香月泰男。
(シベリアに拘留され、戻ってきて描いた。シベリアシリーズは凄くインパクトのある絵です)
うさぎの絵を描いていて、いいんです。♪ 本物は観た事ありませんが、、

2009/03/22 19:35 | whitypearl [ 編集 ]


ファンタスティック!!! 

素晴らしい!・・・なんて云っては、褒め過ぎでしょうか?

「ワイティパァゥ!?」さんのブログ表現は、無尽蔵なクリエイティビティと、奔放でアートフルな感性に溢れていまして、とても魅力在ります。

時々登場する、ヨーダ様!や他キャラクターを傀儡呪文士に擬え、或いは小文字表現されたりして、本音と建前・表と裏・虚と実等の表現使いこなし、フェイントかと思うとド真ん中だったり、ストレートかと・・・チェンジアップだったり、変幻自在のブログ術感心しています。

展覧会へは久しく行ってなかったのですが、また行きたく成るモチベーション誘う、チャーミング・レポートでした。

2009/03/23 21:56 | take10n [ 編集 ]


take10nさんへ♪ 

そんな ありがとうございます。
なんか 照れます、、v-398

楽しんでいただけると 嬉しいです。
でも、、知識が浅くてすみません。(ヨーダ達でごまかしてます)
take10nさんは絵画も♪色々な事にとてもお詳しそうですね。♪♪
外国のお話たのしいです。♪♪

そっか、、私のハンドルネーム、、ホワイティパール(白みがかったとか白っぽいパール)なんです。
もしや、、英語に堪能なtake10nさんが理解不可能と言うことは、、こんな単語なしですか、、
みんな読めないかも、、どうしよう、、 

えーんv-393v-356 じゃ いっその事。
クレーの絵のように マドモアゼルの年じゃないから、、
真珠つながりでマダムペルレンシュバイン(真珠豚)にしようかな、、v-16


2009/03/24 01:08 | whitypearl [ 編集 ]


ついでに? 

スミマセン!
「 発音:Sound 」で書いたつもりでした、紛らわしいコメして・・・m(__)m
ハンドルネーム全く大丈夫です!!ご安心下さい。

ところで、香月泰男氏の件書かれてましたが、以前銀座のギャラリーで何度か拝覧した事在ります。

初めて見た作品は、シベリア抑留時垣間見た怨念と云うか?亡き戦友達への、「 鎮魂の禊 」ミタイナ?暗くダークな銅版画(メゾチント)でした。

しかし、他の題材作品も見た記憶ありますけど、やはり「 息詰まるダークな不安感 」感じます。

コノ「 微かな電流走る光陰 」の如き不安感表現が、良いのだと思いました。

2009/03/24 16:15 | take10n [ 編集 ]


take10n さんへ♪ 

わたしこそ♪ これじゃ コメント要求ですよね、、、
すみませんでした、、2度もコメント頂いてしまって、、
ありがとうございます。♪

「 発音:Sound 」ですねv-266♪ さ・す・が♪ 英語が話せるっていいなぁ~♪ 

ごらんになっているのですね。♪息詰まるダークな不安感
本当に本当♪
香月泰男。魂の叫びのような絵 1度観てみたいです。

2009/03/24 19:21 | whitypearl [ 編集 ]


よかったですよね~ 

 クレーの絵をみていると、顔が思わずほころんでくるっていう印象、全く同感です。心があったまるような優しい気分になれますよね。
 コメント遅くなってしまって、すみませんでした。whitypearlさんの絵に寄せたコメントがとても楽しいですね。もう1回展覧会のおさらいができた気分でした。

2009/03/28 03:25 | もうやだ [ 編集 ]


もうやださんへ♪ 

有り難うございます♪

この展覧会はちょうど仕事が忙しい時で、行こうか、、どうしようって
迷っていたときにもうやださんの記事を読み、行ってみてよかったです。

お初に音声解説をかりてみたのですよ♪♪(疲れていたので文を読む気力
が無かったv-398

今年はまだまだ 同じ展覧会に行く事ありそうですね。♪

2009/03/29 02:35 | whitypearl [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://whitypearl.blog90.fc2.com/tb.php/104-cfc74bac

| TOP |

プロフィール

whitypearl

Author:whitypearl

カレンダー

あなたは何人目♪

訪問してくれて嬉しいです。

最近の記事+コメント

コメントありがとうございます♪♪

遊びに行ってみて~♪

カテゴリ♪

★過去記事コメントも★         ★お待ちしています★

出来るところから♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

rain shininig

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。